喪中はがき

毎年、12月も半ば過ぎにご不幸があった場合

喪中はがきが間に合わないと言うご相談が多く来ます 耳

このような場合は喪中はがきは出さずに

年明け7日過ぎ頃に寒中見舞いを出されれば宜しいかと

お答えしております

ご参考になさって下さい

葬儀 横浜 リバティライフ 担当 山本でした 鉛筆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。